~ 劇団公式twitter ~

最新公演情報

チケットのご予約は ⇒ こちら

第68回公演

第34回神劇まわり舞台 参加

 

未必の故意

 

  作/安部 公房

 演出/日下部 佐理

 

 2017年 12月

15日(金)19:00~

16日(土)14:00~/19:00~

17日(日)14:00~

 

 @神戸・元町

  元町プチシアター

 

JR・阪神

 元町駅西口 南すぐ

元町プラザビル612室

 

ビル1階には

豚まんがおいしい中華料理店 「四興樓」さんが入ってます

チケットのご予約は ⇒ こちら

 

 前売 2,400円

 当日 2,600円

 (中高生半額/小学生以下無料)

     

 出演(順不同・予定)

寺川 昌宏

高井 幸康

吉田 佳奈

檜山 みつき

ヒラジ

大西 忠司

渡部 純二

平田 涼

田中 あゆみ

 

 

舞台 美術 日下部 佐理

WEB管理 terany0819

制   作 諌山 仁恵 蓬莱 真佐子 北井 さやか

協   力 神戸市青少年会館

      KCスタジオ

      コミスタこうべ

      明々工業株式会社

 

 ある小島の消防団長が、団員や島民たちと計画的に行なったヤクザ者の殺害を「未必の故意」に見せかけようとする。

 来たる裁判に備えて、団長を中心に島民たちの模擬裁判が行われる過程で浮かび上がるものは、事件の状況・島の人間関係、そして…

 

 体裁、孤独、煩悩、狂気

 共同体意識の幻想と個人の孤独

 虚構によって侵食される現実

 

ドナルド・キーンによって、

「実に面白い芝居であり、読みものとしてもみごとな盛りあがりがある。」

と評された安部公房文学の最高峰に劇団風斜が挑みます。

 

 

~「未必の故意」とは~

犯罪事実の発生を積極的に意図あるいは希望したわけではないが,その可能性を認識し,しかもその結果が発生してもかまわないとする認容

 

チケットのご予約は ⇒ こちら